読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいこんおろし

舞台観劇の感想まとめです。ネタバレ有りです。(更新はまちまちです)

舞台『HATTORI半蔵』

SPIRAL CHARIOTS 第11回本公演
「HATTORI半蔵」
https://sites.google.com/site/spiralchariotsofficialsite/

和の国・ジパングの天下人。
徳川イエヤスの逃亡を警護し、天下獲りや以後のエド幕府の内政にも大きく関与した伊賀忍衆頭目・ハットリ半蔵
エド幕府が産声をあげる中、幕府内では「誰が老中になるか?」各要人の動向が注目される中、半蔵の老中就任が有力視されていた。
天下泰平を唱えるエド幕府の公約は
「戦のない世、これを冒した場合幕府解体」
この公約を逆手に半蔵老中を快く思わない公儀介錯人・オオガミ大都が手を組んだのは、伊賀の怨敵・甲賀忍衆頭目・鵜飼マゴロクであった。
日本と少し違うジパング、そこに生きた「守る者」と「奪う者」の剣戟絵巻!
スパイラルチャリオッツ11回目の本公演は真っすぐ曲げない、
それがスパチャリの・・初の歴史オマージュ!!

日程:1月21日(水)~1月25日(日)
会場:築地本願寺ブディストホール
脚本・演出:服部整治

出演:
山碕 薫太 南 翔太 一乃瀬 洋介
真山 奈緒 吉田 涼也 春見 しんや
遠藤 巧磨 太田 望 亀田 理恵
大平 隆行 / YUN (Wキャスト)
洲脇 久美子 実由 海野 あかり
黒津 勇介 吉田 直紀 松並 俊介
大栗 絵玲奈 北村 優実 用田 知佳
海老根 正人 山田 将太 中 根大
服部 整治

企画・制作: SPIRALCHARIOTS

 

 

服部整治さんは前からSIRENというゲームでカッコイイお医者さま役で気になっておりました。
しかも今回は奈緒姉さんが出演!これはチャンスといそいそチケットを取りました。

しかしこの1月21日って結構な数の舞台が初日なんですよ…この日から4日間5作品観劇ツアーでした。
そのツアー初日。

熱い、殺陣が熱すぎる!物理すぎる!
ラストの山碕さんと南さんの一騎打ち。
得物が刀と槍なんですけど早さが尋常じゃないw
しかも槍は床に打ち付けるわ、マジで刀にぶつけるわ、そりゃ先端壊れるよ!!

その後、奈緒姉さんと服部さんの一騎打ちがあってそれも早い。
クナイと槍なんでまたリーチ違うのに早いってどういうことなの状態。
この二人の役は昔恋人だったようで奈緒姉さんがトドメをさせずそれを服部さんが抱きしめるんでテンション上がってたら、
服部さんが奈緒姉さんに腹パンでなきました。ひどい…。

それで山碕さんと服部さんの一騎打ちなんですけど、まあ早いですよね。
また槍の先端壊れちゃったよ。
まあ、特筆すべきはこんぐらいですね…。

あ、後は大平隆行さんが演じていた尾上さん。
介錯人の手下なんで悪い方ですが、きっと自分たちと家族の事を考えて主は戦を仕掛けてるんだ、
と間違っていると分かっているけど忠義の為にそう若いやつを諭すんですけど
最終的に若いやつを守るために死んでしまうのが泣いた。切ない。

大平さんすごい整った見た目の方でこりゃファンが多いだろうな思ってたらWキャスト枠でびっくりしました。
殺陣もすごいキレイ。特にお侍さんなんで殺陣も切った後はぴたっと元の型に戻るのがキレイでした。
あと手指がスッとしてて刀に添えているとまぁ整ってる。

お話はあらすじのまんまです。想像できるラスト。なんかすごい死にますけど。
でもSAMURAI7でひねくれた心には面白かった。
やっぱり悪役はこのぐらい見せ場があるのが当たり前だよね…。

殺陣が体当たりなら笑いも体当たりで面白かったです。
女郎の猛アタックぶりすごかったw

しかし初日だからか全体的に音楽とSEが下手!あと照明!
音楽は音が大きすぎて台詞聞こえないし、SEはズレてるし音もスカスカ…。
照明は何度も明るくするの早すぎでさっき死んだ人歩いてる状態…。
折角良い芝居でもここがしっかりしてないとただの学芸会チャンバラなので、
もっと場当たりこなして欲しかったなぁ。

あと斬られた後みんなはけるしかしないので、元気だなってなるのでそこも残念。
狭い舞台なんで死体で残ってると邪魔なんでしょうけど、もう少しリアリティ欲しい。

でもまたこの物理殺陣が観たいので次回もあったら行こうと思います。